変な弓の変なカスタマイズ物語 5

 ベアボウ前半で使っていた弓です。

弓が軽くてフラフラするので、ウェイトを多く付けて重くしています。


下のウェイトは自作です。

直径40mmのスチール丸棒で、規定にギリギリ収まる長さなので、日本最大級の重さだと思います。

この変なウェイト以外は普通の弓でした。


初回の記録会より点数が伸びなかったことと、引きすぎる傾向があったので、リムを変えることにしました。

中古品では42ポンドくらいしかなかったので、新品を買うことになりました。

46〜50ポンドで探したところ、HOYTのリムがアウトレットで安かったので買いました。
2万円ちょっとだったと思います。



買ってから気がついたのですが、このリムはフォーミュラという規格で、フォーミュラのハンドルが必要になります。

それはわかっていたのですが、リムの支持点間(正式名称不明…)が長いので、ウェイトがリムに付く仕様になっています。



リカーブでは問題ありませんが、ベアボウではリムに何も付けてはいけないルールなので、ウェイトはセンターしか付けられません。

安さ第一で買ったので、大きな落とし穴に落ちました・・・。


苦肉の策で、センターに変な巨大ウェイトを取り付けました。



太い黄銅の六角純金ウェイトを強引に上下連結しました。

よーく見ると、異様なウェイトです。
1.5キロ以上あり、こんな変な物をぶら下げているのは私くらいでしょう。


ポンドが増えれば引きすぎも改善されると思ったのですが、パワーで引いているだけなので、結果は同じでした。

さらに調子は最悪で、初回に簡単に出た500点すら届きません・・・。

リリースが苦手なのが原因でした。

指の力をスッと抜いてリリースするらしいですが、力を抜くのが苦手なので指に引っかかります。

力を入れるのは得意ですが、その逆の技術となると、逆立ちするくらい難しいのです。


前の弓に戻しても結果は大して変わらず、ベアボウの難しさを思い知りました。

最初は深く考えずに、適当に射っていたのが良かったのかもしれません。

そして、わずか4ヶ月足らずで引退になり、全日に出るための選手登録費もパーになったのでした・・・。


Next article Previous article
No Comment
Add Comment
comment url