スタジオ建設物語(10)事務所基礎工事1

 いよいよ事務所工事がスタートします!

ここからの工事は、全て掃除係のみで行っています。


(どうでも良いことですが、厳密には、当時は掃除係という名前ではありません)

まずは、事務所の基礎工事です。
穴を掘っていきます。


モグラのように思いつきで掘るのではなく、寸法をきっちり測って場所を決めてあります。

道路から見て左手前の基礎部分です。
ここは地盤が一番軟弱なので、基礎の下が重要です。



手前のガタガタのコンクリートは、家の裏に捨ててあった大きなU字溝の破片です。
こうした物も活用するのが掃除係のこだわりです!

上に乗せてあるのは、家にあったコンクリート溝蓋です。



この上にU字溝を載せて蓋をします。
蓋が小さいのは、家にあったのを流用しているからです。
そして、針金で固定します。



スタジオ工事で業者がやっていたように、普通は穴を掘って型枠を組んで、コンクリートを流し込んで基礎を作ります。

それは大変なので、いかに簡単に強度のある基礎をつくるか考えて、U字溝を使う方法を思い付きました!

おそらく、こんな方法で基礎工事をするのは、私くらいでしょうね。


この部分の基礎だけでも、結構な時間を要しました。

中には鉄筋(メッシュ)を入れます。



コンクリートの量を減らすために、コンクリート片を入れます。



中はこんな状態です。



基礎の位置や高さは水糸を張って決めます。
当然ながら水平器は必須です。



掃除係員は、必死の形相で砂利を運びます。
全て手作業です。



コンクリートを練るのも手作業です。



コンクリートを流し込み、表面を仕上げて完了です。



これで道路側の基礎3個が完成しました。
次はスタジオ側の基礎です。
Next article Previous article
No Comment
Add Comment
comment url